貴社の疑問、質問にお答えいたします! ホーム

会計事務所を替えようかとお考えの
社長様ヘ
会計事務所を替えようかとお考えの社長様、
横浜総合会計ではスムーズに会計事務所を変更していただけるように、
バリアフリーな対応を用意しています。
Q1.会計事務所を替えると経理システムも変えなければダメですか?

経理システムは、今お使いのシステムをそのままお使いいただけます。会計事務所を替えることは、経理ご担当者様にとつては多少なりともストレスになりますので、横浜総合会計では、経理システムの変更はお願いしません。
なお、お互いに気心が知れた後、貴社にメリットがある場合には他のシステムを提案させていただく場合があります。

Q2.顧問料等はどうなりますか?

横浜総合会計では、貴社が現在支払われている顧問料等が著しく高かったり安かったりする場合を除いて、顧問料の変更はお願いしません。
まずは同じ顧問料で、横浜総合会計の仕事ぶりをご評価いただくと共に、私どもも貴社のことを良く理解させていただき、その上で相談をさせていただきます。

Q3.会計事務所を替えると何か税務署への影響はありますか?

税務行政上のマイナスの影響はありません。むしろ、昨今は「どこの会計事務所が顧問なのか」により入口で評価される傾向がありますので、税務当局や金融機関から高い評価をいただいているTKC全国会所属で、長い歴史と充実したスタッフを持つ横浜総合会計へ替わることによリプラスの影響が期待されます。

Q4.担当スタッフは指名出来るのですか?

基本的には、貴社の事業内容や事業規模などの要素を検討の上、最適と思われるスタッフを選定させていただきます。
もちろん社長様のご希望によりご指名をいただくことも可能です(但し、決算月等の関係上ご希望に添えない場合もあります)。

Q5.会計事務所を選ぶ場合、何を基準にすれば良いのですか?

①毎月貴社へ伺って、
②貴社の経理内容をチェックして、
③貴社の経営成績・財政状態の説明をして、
④様々なことのご相談に乗る、
ことは『当たり前』です。

大事なポイントとしては、
☆1:貴社の会計・税務に係る事項を複数名のスタッフが調査・検討する(出来る)
  態勢があるかです。一人の人間では見落とし、勘違い、思い込みによるミスは
  回避できません。
☆2:実務に携わらず、常に流動的・効果的に動けるスタッフがいるかどうかです。
  会計事務所のスタッフは、お客様を訪問し外出する事が多いので、遊撃部隊
  として動ける人材がいるかいないかで事案に対する対応速度は大幅に変わって
  きます。

横浜総合会計は税理士 4名(うち公認会計士 2名)態勢で、全ての決算申告につき
3名以上が書面審査、重要案件については『審査会』で重点審査しています。
また、税理士(公認会計士)が、担当を持たない遊撃部隊として迅速に対応しています。

どうぞお気軽に、横浜総合会計へお電話ください。
【 FreeDial : 0120‐ 045‐ 241 】

ページTOPへ
お問い合わせはコチラから