横浜総合会計の頼れる面々 ホーム

中小企業の問題解決のお手伝いをするのが使命です。

監査部 高屋 將吾

・生まれた年/昭和46年生まれ 
・星座/おとめ座
・血液型/B型   
・学歴/青山学院大学経営学部経営学科
・住んでいる場所/横浜市
        (生まれも横浜市です)
・趣味/子供と遊ぶこと(現在2歳です)
    ネコと遊ぶこと
        (実家に3匹飼っています) 

まず最初に相談される存在に。

大学時代に経営者の自伝(京セラの創業者、稲盛和夫さん他)を読み、経営者の生きざまに感銘を受けたことが、この仕事を志すきっかけとなりました。
当事務所に入社して今年で12年目になります。 この12年の間、業種については建設業、製造業、運送業、不動産業、小売業、卸売業、貿易関連業、医業等々、売上規模については創業間もない売上のほとんどない事業者様から年商200億円超のお客様まで、いろいろなお客様を担当させていただきました。
企業経営をしておりますと、資金繰り、税務、労務、法務等、日々様々な問題が起こってきます。特に昨今の経済状況においてはなおさらです。大企業であれば、問題を解決するスペシャリスト(弁護士、税理士、会計士、司法書士、社会保険労務士等々)と個別に顧問契約を結ぶというのが普通ですが、資本も人材の数も大企業に比べ劣る中小企業の場合、そういう訳にもいきません。
実際、税理士事務所以外に顧問契約を結んでいる中小企業は、それほど多くありません。そのゆえに、当事務所の役割も非常に重要になってきます。そのために、問題が起きた時には、税務、会計の問題にかかわらず、まずはその問題をお伺いし、その解決のお手伝いをすることが使命であると思っております。また、個人で解決できない場合は、当事務所全体で、当事務所で解決できない場合は、当事務所のネットワーク(弁護士、司法書士、社会保険労務士等々)で解決するように努めております。
個人的には、問題が起きた時に、経営者様からまず一番初めに相談される存在になることを目標に仕事に取り組んでいます。

 日々の小さな問題点の解決を大切にしています。

中小企業で起こる問題と言っても、合併などの大きな問題もあれば、日常起こりうる、どちらかと言うと、小さな問題もあります。
どちらも重要なことでありますが、私が大切にしていることは、どちらかと言うと、日々の起こりうる日常の問題です。毎月、最低1回は月次巡回監査でお伺いし、連絡を密接に取りながら、お客様の要望に応えられるように努めております。
中小企業の経営者の方々は、会社をより良くしていきたいという熱いスピリットを持っており、この点に関しては、大企業の経営者に負けません。そのような経営者のお役に立てた時の喜びは格別で、『この仕事を選んで良かった』と思える瞬間でもあります。
今後も少しでも中小企業経営者様のお役に立てるよう自己研鑽に努めていきたいと思っております。

横浜総合会計はベテラン揃い孤独になりがちな経営者様を全力でサポートします!
ページTOPへ
お問い合わせはコチラから